自作

2006年03月05日

風(みあ)再投稿

いつだって笑うピエロの哀しみの糸をつまびく春風が吹く

at 02:15|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年09月15日

誕生日の歌 2

愛だとかぎゅっと詰まったおにぎりをわしわし食べる 誕生日には

                                  みあ






at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月03日

誕生日の歌

偶然か必然なのか如月の二十九日に生まれた事実   

                           (みあ)



母の言い訳は
「ごめんね、がまんしきれなくて」
でした。
思わず爆笑して、めっちゃ叱られました。
お誕生日なんていつだっていい。
大事なのはわたしが生まれたってこと(笑)
                                  

at 17:59|PermalinkComments(8)TrackBack(2)

2005年07月12日

短歌バトン

509016e5.jpg


丹羽まゆみさんから短歌バトンがまわってきました。。
え????、ど、どうしよ。。ちょっとびびりましたが
真面目に考えてみました。



□短歌をはじめたきっかけを教えてください。

参加していたヤフーの掲示板のトピ主さんが短歌を詠んでいてそれを真似しました。

□好きな歌人がいたら教えてください。

ごめんなさい。よく知らないんですが
穂村弘さん
東直子さん


□あなたの好きな短歌を三つ挙げてください。

あふ時は語りつくすと思へども別れとなれば残る言の葉 (大石主税)

水色の空も来りてひたるなり浅間の山の明星の湯に (与謝野晶子)

薬草を煎じてゐたりゆつくりと信じることはいやされること(足立尚彦)



□あなたにとって短歌とはなんですか?

真剣な遊びです。だから楽しくなかったら意味がないかも


□バトンを渡す人。

林ゆみさん
ジテンふみおさん
暮夜宴さん



本来でしたらブログを持っていらっしゃる方へTBするんでしょうが、ふだんから親しくていただいてる
三人の歌人にお聞きしたいと思いました。
よろしくお願いします^^


at 12:25|PermalinkComments(6)TrackBack(1)

2005年07月03日

6aa10827.jpg


春だから君を盗むよ。つめくさを編みこむようにはがいじめして  みあ


at 17:51|PermalinkComments(2)TrackBack(1)