題詠マラソン鑑賞

2005年12月10日

題詠マラソン 過去ログ80から

081:洗濯 ドール 2005年05月30日 (月) 20時24分
赤ちゃんが生まれましたと告げるごと洗濯物はひらひら揺れる


044:香 西村玲美 2005年05月30日 (月) 15時02分
初夏の海の香りに懐かしく満たされてをり自転車こげば


100:マラソン あみー 2005年05月30日 (月) 02時48分
人生がマラソンよりも長いって本当かなあ めまいがするぜ


095:翼 あみー 2005年05月30日 (月) 02時11分
空を飛ぶよりも あの子を包み込み守っていけるための翼を


004:淡 村上きわみ 2005年05月30日 (月) 00時17分
うんと淡くつながったままどのくらいあとどのくらい降る雪ですか


078:携帯 野良ゆうき 2005年05月29日 (日) 21時20分
あの人は海でなくした携帯のアドレス帳に置いてきました


049:ワイン 田丸まひる 2005年05月29日 (日) 21時11分
白ワイン膝にこぼしてつじつまを合わせるためでもいい日曜日


069:花束 ジテンふみお 2005年05月29日 (日) 20時51分
花束を抱いているからいつもより真面目な顔で通る改札


034:背中 牧野芝草 2005年05月29日 (日) 17時49分
自分では見たことのない傷痕がぼくの背中にあるということ


025:泳 PDP 2005年05月29日 (日) 17時36分
片足をベランダの角ひっかけて抜け殻の身を空で泳がす


032:乾電池 萩原留衣 2005年05月29日 (日) 12時35分
乾電池は只今遊泳禁止です泳ぐとおへそを獲られますから


049:ワイン 五十嵐きよみ 2005年05月28日 (土) 23時03分
くちびるを許しながらもてのひらの温度を嫌うワイングラスは


048:袖 田丸まひる 2005年05月28日 (土) 21時44分
袖だけがすり切れたシャツ着せられて髪を明るく染める土曜日


045:パズル 温 2005年05月28日 (土) 02時40分
飾られることを恐れてパズルから1ピースだけ抜くような恋


024:チョコレート 美里和香慧 2005年05月28日 (土) 00時42分
特大のチョコレートパフェ来てるのよ 別れ話は後にしてよね


076:リズム 今岡悦子 2005年05月28日 (土) 00時41分
せっかちなリズムであるよ葬列の流れにさえも足の速まる


037:汗 林 ゆみ 2005年05月27日 (金) 23時29分
汗ばんだ君のすね毛に迷い込むアリは今ごろ樹海の恐怖

at 19:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

題詠マラソン 過去ログ79から

047:大和 田丸まひる 2005年05月27日 (金) 21時33分
くちびきる大和撫子つじつまを合わせるために優しくするな


075:続 唐津いづみ 2005年05月27日 (金) 20時34分
さかむけたこころの塩が水を吸うおもたいままで続いてゆくのは


076:リズム  kitten 2005年05月27日 (金) 20時29分
タンゴのリズムでぶんまわすざんす。ミーは『黒猫のタンゴ』の世代ざんす。


041:迷 香乃 2005年05月27日 (金) 19時02分
ああ君に手がとどかないすくえないマジョリカの器に迷い込んだね


039:紫 香乃 2005年05月27日 (金) 18時42分
紫水晶(アメジスト)まろき光の億にすむ記憶が透けた我を見ている


037:汗 香乃 2005年05月27日 (金) 18時19分
稽古後の面をはずした童子らが六列正座す汗の黙祷


092:届 あみー 2005年05月27日 (金) 17時25分
いつの日か届くと思う 織姫と彦星よりもこんな近いし


037:汗 秋月祐一 2005年05月27日 (金) 12時31分
雪女の汗は血のいろ まつしろなきみの乳房に歯型をつける


054:靴下 上澄眠 2005年05月27日 (金) 11時48分
靴下をはいて私は人になり脱がされてまた女に戻る


048:袖 里坂季夜 2005年05月27日 (金) 04時03分
半袖のプリントシャツにサンダルで夏への扉けとばす五月


081:洗濯 飛永京 2005年05月27日 (金) 02時46分
魂の洗濯だねを聞きたくて母と野ばらを歌っています


045:パズル 宵月冴音 2005年05月27日 (金) 00時49分
あの道で無くしたパズルの一枚が見つからないままパパになります


076:リズム 野良ゆうき 2005年05月26日 (木) 21時58分
秒針が夜のリズムでチクチクと浅き眠りの背中を突つく


003:つぼみ 魅弥華韻 2005年05月26日 (木) 17時50分
幼さはサディズムに似て薄ひらくつぼみのままに摘みにけるかも


073:額 黒河更沙 2005年05月26日 (木) 17時01分
終わったら額にやさしくキスしよう 空が大きく晴れているから


081:洗濯 青野ことり 2005年05月26日 (木) 12時48分
ひるがへる翠の空を真っ白に洗濯されて殺菌されて


036:探偵(再投稿) 林 ゆみ 2005年05月26日 (木) 02時20分
知りたくはない事ばかり探偵に告げられている 分かってたのに


033:魚 渡部光一郎 2005年05月25日 (水) 21時48分
むなびれにさくら若葉を切り落とし水へと帰るまぼろしの魚(いお)


062:風邪 伊波虎英 2005年05月25日 (水) 01時13分
認知症に倣ひて心の風邪といふイイヤ心の旅と言はうか


030:橋 渡部光一郎 2005年05月24日 (火) 23時50分
ちちのみのちちんぷいぷい 飽きもせで橋の下から子を拾うかな


030:橋 篠田 美也 2005年05月24日 (火) 23時23分
すんすんと背中は伸びて遠ざかるとほざかる橋に姉が佇む

at 19:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

題詠マラソン 過去ログ78から

008:鞄 杉田加代子 2005年05月24日 (火) 12時56分
遺された鞄のなかにひつそりと隠れてゐます恋の結末


048:袖 やまもとまき 2005年05月24日 (火) 05時44分
袖にした男に着信拒否された どっちが余計に悔しいだろう


076:リズム 斉藤そよ 2005年05月23日 (月) 23時19分
かよいあうリズムプリズムさみどりのみらいひきいる森のどこかに


037:汗 雪之進 2005年05月23日 (月) 22時41分
汗かきかき早飯喰らひし父の胃を蝕む癌もせっかちであり


012:メガホン 百田きりん 2005年05月23日 (月) 22時29分
言葉より届けたいからメガホンは捨てて走ったまっすぐだった


078:携帯 飛永京 2005年05月23日 (月) 22時13分
その内に柘榴の火種いまさっき別れた人の携帯灰皿


028:母 佐原みつる 2005年05月23日 (月) 20時24分
懐かしい匂いの雪を踏みながら母音ばかりを発してしまう


057:制服 仁村瑞紀 2005年05月23日 (月) 20時18分
制服が滴るほどの夕立ちになってみたくて雨雲を召ぶ


024:チョコレート 佐原みつる 2005年05月23日 (月) 20時10分
チョコレートってつぶやく時のあかるさで帰りの道を照らしてほしい


069:花束 唐津いづみ 2005年05月23日 (月) 19時43分
誇らしく抱かれるため花束は息とめきつくリボンをしめる


068:四 唐津いづみ 2005年05月23日 (月) 19時41分
病院の待合室に四つんばいソファーは無口に受けとめている


053:髪 ぴいちゃん 2005年05月23日 (月) 09時43分
くちなしの花陰に立ち君を待つ 髪にさやけき香のしみるまで


028:母 篠田 美也 2005年05月22日 (日) 23時32分
雲母なすききとららとを選り分けて倫敦塔にもさしこむひかり


028:母 渡部光一郎 2005年05月22日 (日) 22時25分
母が菜を摘みに出でたる春の野に母が幼きころよりの風


040:おとうと 内田かおり 2005年05月22日 (日) 21時51分
おとうとは煙の影を踏んでいる遠く上りゆく姉偲びつつ


055:ラーメン 仁村瑞紀 2005年05月22日 (日) 21時37分
巻き舌の練習文と師曰く「サッポロラーメンミソラーメン」


068:四 ジテンふみお 2005年05月22日 (日) 18時50分
わが四季を4倍速に圧しこめてこれっぽっちの薄き一年


080:書 M.東矢 2005年05月22日 (日) 17時39分
消えさうで消えず消せさうで消せずにいつか愛しい落書きがある


018:教室 ケビン・スタイン 2005年05月22日 (日) 09時40分
人気のない理科の教室で君を待つ 100光年の匂いが漂う


070:曲 川内青泉 2005年05月22日 (日) 08時27分
作曲は誰かは知らず歌ってる藤村作詞の惜別の詩


001:声 伴風花 2005年05月22日 (日) 04時19分
いつのまにこんなに深くなっていたわたしの海から声がこぼれる


021:うたた寝 美里和香慧 2005年05月22日 (日) 01時57分
うたた寝るうたた寝ないうたた寝るうたた寝ない午後二時の誘惑


076:リズム 飛永京 2005年05月22日 (日) 01時31分
向日葵とふたり並んで浴びている夏のリズムは毛穴で聴くもの

at 17:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

題詠マラソン 過去ログ77から

047:大和 五十嵐きよみ 2005年05月22日 (日) 00時10分
大和煮の空き缶ひとつ捨てられて雨水をためている草むらに


059:十字 もりたともこ 2005年05月21日 (土) 17時27分
携帯にぶら下がってる十字架は何にも言わず吾を見据える


079:ぬいぐるみ  落合朱美 2005年05月21日 (土) 14時27分
今もまだぬいぐるみでは癒されず明日はポチの三回忌なり


077:櫛 すずめ 2005年05月21日 (土) 11時22分
櫛の歯の欠けるが如く学び舎の集い抜けゆくそうそうの友


070:曲 今岡悦子 2005年05月21日 (土) 09時49分
引き潮の浜に釣り師の足跡が一直線に岩を曲がれり


075:続 野良ゆうき 2005年05月21日 (土) 07時46分
もっと死を、死体を見せてはくれまいか戦を続ける者たちのため


028:母 みち。 2005年05月21日 (土) 02時56分
祖母はいま昨日と同じ天井を見つめて今日を生ききっている。


074:麻酔 野良ゆうき 2005年05月20日 (金) 22時37分
どれほどの量の麻酔を打ったなら地球の痛みはやわらぐのかな


034:背中 林 ゆみ 2005年05月20日 (金) 13時51分
ちっぽけな背中に七つ星を背負いテントウムシが飛び立つ宇宙


075:続 青野ことり 2005年05月20日 (金) 12時47分
続々と押し寄せてくる人並みの一人となりてにはかに竦む


006:時 小野伊都子 2005年05月20日 (金) 06時51分
時を編むかぎ針ひとつ持っているレースの模様はまだ分からない


020:楽 美里和香慧 2005年05月20日 (金) 00時26分
二色の独楽を聴きながら永遠に眠る準備をする落陽


044:香 五十嵐きよみ 2005年05月20日 (金) 00時11分
   (4)空欄を埋めてみても
自意識は人に見せたくないものを耳のうしろでミモザが香る


074:麻酔 飛永京 2005年05月19日 (木) 23時21分
おーぷんざせさみと唱え目を瞑り麻酔界へは耳から入る


025:泳ぐ(再投稿) 篠田 美也 2005年05月19日 (木) 21時34分
泳ぐほどかなしくなつてくるうみをおよぎきるころみづどりになる


034:背中 香乃 2005年05月19日 (木) 19時50分
夜が更けたうしろのボタンはずせない もうとどかないわたしの背中


033:魚 香乃 2005年05月19日 (木) 19時46分
魚つかむ川面が顔にゆらゆらと光が変わった僕等の五月


073:額 飛永京 2005年05月19日 (木) 00時30分
あだ花のひとつでも良い咲けたなら額で睨む癖もやめるわ


060:影 折口 弘 2005年05月18日 (水) 23時57分
新聞紙丸めた剣を背に帯びて影と闘う三歳の夕


045:パズル 折口 弘 2005年05月18日 (水) 23時47分
何の絵か分からぬままに終わるかも 人生というジグソーパズルは


040:おとうと 折口 弘 2005年05月18日 (水) 23時43分
姉の言うズルイも何も分からない 生まれたときから僕はおとうと


034:背中 折口 弘 2005年05月18日 (水) 23時38分
恋してる誰かがそばにいるときは背中に目のある私なんです


028:母 和良珠子 2005年05月18日 (水) 19時48分
母になるとは獣(けだもの)に還ること おもねるものはみな噛み殺す

at 16:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月07日

題詠マラソン 過去ログ76から

073:額 青野ことり 2005年05月18日 (水) 12時55分
初夏の爽風(さわかぜ)髪を泳がせてひかる額の美しい人


095:翼 ピッピ 2005年05月18日 (水) 10時19分
翼なら子宮の中に置いてきた 痛みを知れば飛べると思った


016:たそがれ 兵庫ユカ 2005年05月18日 (水) 00時55分
たそがれに群れはゆるんでこのまんま帰ってもいいのかなわたしは


097:静 ベティ 2005年05月17日 (火) 23時46分
待つ者のない部屋膝を抱いている愛することを知る静寂よ


045:パズル 三宅やよい 2005年05月17日 (火) 22時43分
あの夏に失くしたパズルの一片はアメーバーになっているかも


023:うさぎ 篠田 美也 2005年05月17日 (火) 20時50分
来ぬ人をいつまで待てば せかせかと逢魔が刻を横切るうさぎ


059:十字 黒河更沙 2005年05月17日 (火) 16時36分
汝(な)が胸の十字にありし傷跡も疼きはじめて四月は終わる


057:制服 黒河更沙 2005年05月17日 (火) 16時35分
すりきれた制服ボタンの掛け違え気づかないまま 二人は過ぎる。


033:魚 林 ゆみ 2005年05月17日 (火) 00時10分
ひたひたと山椒魚が這いまわる感覚だけの望まぬ愛撫


066:消 今岡悦子 2005年05月16日 (月) 23時40分
消印のない封筒に風船が飛びつづけたりいわさきちひろの


092:届 ピッピ 2005年05月16日 (月) 18時14分
やわらかい視線下ろせばきらきらと睫毛の落ちる離婚届に

at 20:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)