020:貧(やや)022:職(やや)

2009年05月31日

021:くちばし(やや)




語り合うくちばし静かに重なれば大なわとびの渦の真ん中





at 00:48│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by おとめ   2009年05月31日 23:23
お久です。
お歌がんばっていますね。
このお歌は、大縄跳びの渦の中をもってきたのが素晴らしいです。
二人のくちびるが重なって気の遠くなる現実を超越した時間の渦であり、スローモーションで浮きあがっては落下する肉体の恍惚も暗示して、大縄跳びの渦はイメージとしてすんなりと腑に落ちます。
あせらずゆったりと詠い納めていかれますように。
2. Posted by やや   2009年06月06日 00:07
こんばんは{星}
ほんと、おひさです。。^^
肉体の恍惚?
おははははは
おとめたんらしいお言葉、ありがとうございます。
>あせらずゆったりと詠い納めていかれますように。
は?い。ぼつぼつでいいから詠み続けていきたいです{チューリップ}
おとめたんもね^^

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
020:貧(やや)022:職(やや)