016:%(やや)再投稿018:集(やや)

2008年06月14日

017:頭(やや)

病む母もまだ母であり涙目でうつむく娘の頭をこづく

at 23:33│Comments(2)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 題詠blog2008<017:頭>から  [ 雪の朝ぼくは突然歌いたくなった ]   2008年08月14日 12:27
病む母もまだ母であり涙目でうつむく娘の頭をこづく(やや) ドクダミの花が好きです。 そうであればあるほど、毒々しいの<ドク>に<濁声>の<ダミ>を連想させる<ドクダミ>というネーミングが気になります。   誰呼びしかくも清楚に白き花咲かせる草をドクダミ...

この記事へのコメント

1. Posted by 髭彦   2008年08月14日 12:32
ご無沙汰しました。
<題詠blog>に参加した髭彦です。
ぼくのブログに、このお歌の拙いコメントを載せました。
TBさせていただきましたので、よろしければお立ち寄りください。
2. Posted by やや   2008年08月15日 23:15
こんばんは。
ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。
読ませていただいて涙がでました。
わたしもどくだみの花、大好きです。
においが強いので、汲み取り式のお便所の汲み取り口に植えているお家が多かったようですね。
名前やにおいと違って姿はとても可憐です。
きっとどこにでも咲くことのできる強いお花なのでしょう。
その芯の強さにひかれます。。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
016:%(やや)再投稿018:集(やや)