参加します(やや)『冬のさよなら』

2008年03月10日

『心の冬』

336358d7.jpg


大切にしていた奇形らんちゅうが死んでしまった リスカの理由


ゆっさゆさとまらぬ震え もう食べちゃダメだから吐く食パン一斤


「見ないで!」と叫ぶその瞳(め)に宿りたる別の人格冷たく笑う


うんうんと頷きながらじっと待つこころの在り処に帰り着くまで


わたくしの役割は何?触れていた指の先には君のぬくもり



at 19:31│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
参加します(やや)『冬のさよなら』