題詠マラソン過去ログ71から題詠マラソン 過去ログ73から

2005年10月01日

題詠マラソン 過去ログ72から

018:教室  minto 2005年05月07日 (土) 19時37分
子どもらが帰つた後の教室の温き花瓶にヒヤシンス伸び


017:陸  minto 2005年05月07日 (土) 19時35分
ハマユウは海と陸との狭間にて風に吹かれて夏を待ちたり


053:髪 暮夜宴 2005年05月07日 (土) 15時55分
シニヨンに髪結って君かけ出せば春はまるごと微笑むだろう


050:変 暮夜宴 2005年05月07日 (土) 15時48分
絵手紙に描いた南瓜はいびつです「馬車に変われ」と言葉を添えて


066:消 野良ゆうき 2005年05月07日 (土) 09時57分
どうしても消せないものを消したのは見えないものが見たかったから


020:楽 桜井龍斗 2005年05月07日 (土) 09時11分
音楽は「音」を「楽しむ」はずなのに 君が縛るの 指で ピアノで


027:液体 やまもとなおこ 2005年05月07日 (土) 07時36分
アンプルの液体をちゅっと吸い上げる針から僕は目がはなせない


064:科学 野良ゆうき 2005年05月07日 (土) 06時02分
もう他に信じるものがなくなって進む科学の行きつくところ


067:スーツ 斉藤そよ 2005年05月07日 (土) 01時10分
ぜったいにしぼまぬやうに満タンにスーツケースに詰めるおひさま


060:影 斉藤そよ 2005年05月07日 (土) 01時07分
言葉にも影ができるね夕まぐれ 立体的な言葉ならなお


090:薔薇 白玉だんご 2005年05月07日 (土) 00時07分
職場より父持ち帰りたる三輪のピンクの薔薇を絵にする姉妹


084:林 白玉だんご 2005年05月07日 (土) 00時04分
お料理も口も達者で名も似てる「大山のぶ代」と「小林カツ代」


077:櫛 白玉だんご 2005年05月07日 (土) 00時00分
子の髪に櫛滑らせる背後からそっとつむじに手を置いてから


061:じゃがいも 野良ゆうき 2005年05月06日 (金) 23時42分
じゃがいもになれたらぼくはまっさきにインドカレーにつかってみたい


060:影 野良ゆうき 2005年05月06日 (金) 23時28分
ずるずると引きずってきた影だけが友達だった 君に会うまで


013:焦 篠田 美也 2005年05月06日 (金) 22時55分
夜もすがら降りやまぬ雨 しろがねのやはらかき音に焦らされてゐる


053:髪 ピッピ 2005年05月06日 (金) 22時02分
黒髪に鋏を入れるいのちから最も遠い血液ながれる

at 22:17│Comments(0)TrackBack(0) 題詠マラソン鑑賞 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
題詠マラソン過去ログ71から題詠マラソン 過去ログ73から