背中題詠マラソン 過去ログ48から

2005年05月29日

題詠マラソン 過去ログ47から

019:アラビア 今岡悦子 2005年03月25日 (金) 18時00分
おかっぱが父の無言と対峙するアラビア数字の意味するところ

あはは^^おかっぱがんばれ?


027:液体 仁村瑞紀 2005年03月25日 (金) 16時04分
やすらかな風などなくて靴底にこびりつきたる液体の、あか

あかの液体ってなんだろう。


083:キャベツ みずき 2005年03月25日 (金) 14時29分
芽キャベツの中にちつちやな太陽の匂ひどこかで雪がはじける

わぁ、太陽の匂いがして雪がはじけるってきれい?


095:翼 足立尚彦 2005年03月25日 (金) 11時29分
死んじゃった翼のための翼だよ名前はとんでもなくさびしいよ

翼が死んじゃって、またつけたお名前、翼 ですか。。


094:進 足立尚彦 2005年03月25日 (金) 11時22分
ここからは進入禁止 ここまでも進入禁止だった がんばる

がんばれ^^


023:うさぎ 青野ことり 2005年03月25日 (金) 10時45分
ねえうさぎ、どこを見てるの ねえうさぎ、なに聞いてるの (わたしを見てよ)

ことりが言うの?わたしを見てよって。


027:液体 落合朱美 2005年03月25日 (金) 08時12分
呆然と点滴台の液体の減りゆく様を見守る深夜

ご自身のからだもお大事になさってくださいね。


023:うさぎ あみー 2005年03月25日 (金) 05時56分
うさぎ跳び毎日五回してるからスーパーサイヤ人になれそう

間違いなし。きみはもうスーパーサイヤ人だ^^


044:香 丹羽まゆみ 2005年03月25日 (金) 02時30分
似たような生命線の手をつなぎひと日おさなと香草を摘む

お子さんとですよね。夕焼け小焼けが聞こえてきそう。


041:迷 丹羽まゆみ 2005年03月25日 (金) 02時27分
もう別に夢はいらない迷いなく空よりあおき紫陽花を切る

空よりあおい紫陽花か、、すてきなでっかい歌だー


044:香 こはく 2005年03月25日 (金) 00時51分
更けてゆく夜をやさしくさえぎって風車がまわす春の香りは

きれいな春の夜。。


073:額 黒田康之 2005年03月25日 (金) 00時31分
黒縁の眼鏡はもうすぐ出来上がるぼくの小さな額縁として

わたしは最近やっと、その額縁をはずしました。コンタクトにしたのです。世界が広がった^^


013:焦 杉山理紀 2005年03月24日 (木) 23時37分
どんなゆめでもみさせてあげる焦点をしぼりきれないわたしはカメラ

そうか、カメラなんですね。わたしも出来るかなぁ。。


069:花束 スナフキン 2005年03月24日 (木) 22時35分
ばあちゃんが「負けるは勝ち」といつも言う 今では心の花束となる

じいちゃん、ばあちゃんって言葉に弱いです。こころの花束っていい言葉。はい、そう思います。


033:魚 古内よう子 2005年03月24日 (木) 22時03分
お魚のKISSだ こんな雨ふりのなかでキス、キス、キスするなんて

かわいい^^


021:うたた寝 ひぐらしひなつ 2005年03月24日 (木) 21時39分
六月の樹下のうたた寝 触れてくるものをやさしく握りかえして

うたた寝ってまさにこんな感じ。


030:橋 古内よう子 2005年03月24日 (木) 21時39分
虹色の橋の向こうにあの人がいて 掴んだのにまた遠くなった

どこへ行っちゃったんでしょうか。。


032:乾電池 望月暢孝 2005年03月24日 (木) 14時11分
ストレスが電気を食うとは知らなんだ乾電池を買う毎夜の哀しみ

わたしも知らなんだ、、なるほど。


025:泳 やまもとまき 2005年03月24日 (木) 10時47分
世界がふいに無音となるまひる光の中へと泳ぎだす我

これなんとなくわかるなぁ。無音になる瞬間。


023:うさぎ やまもとまき 2005年03月24日 (木) 10時46分
金曜の夜はぜんぶ脱ぎ捨ててうさぎのように破廉恥になろうよ

かわいい^^破廉恥うさぎですね。みんな^^






at 14:54│Comments(0)TrackBack(0) 題詠マラソン鑑賞 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
背中題詠マラソン 過去ログ48から