2007年06月

2007年06月17日

017:玉ねぎ(やや)

六月の空から落ちる雨粒は涙色した玉ねぎの種
269a1c34.jpg


at 01:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

016:吹(やや)


子のように抱けば雲の切れ間から尾っぽを揺らす夏風が吹く

97aecd8a.jpg



at 01:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年06月10日

015:一緒(やや)

いつだって一緒だったね。たんぽぽの綿毛に声をかけつつ歩む

97c6d953.jpg


at 21:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

014:温(やや)

温もりを伝えられずに哀しみの青へと消える紙ふうせんは

at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

013:スポーツ(やや)

紫陽花のつぼみふくらみかけた朝スポーツカーの屋根をはずそう

at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)