2006年07月

2006年07月17日

067:事務(みあ)

たぶんもう会わぬのだろう事務室の西陽の色に溶けてゆく恋

at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月16日

066:ふたり(みあ)

ブランコのふたり漕ぎして埋めようとしてるこの距離ちかくて遠い

at 00:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月14日

金の星

頬づえをついて見あげる向こうからプテラノドンがやってきそうで

↑のお歌が小軌みつきさんの> 「つれづれ日和」 で金の星をいただきました。
ありがとうございました。。
もちろんいいお歌は詠みたいです。
でもいちばん大切にしたいのはお歌を詠むのが楽しいこと。
これからも自分のために楽しく詠んでいきたいと思います。
よろしくお願いします(ぺこり)

9e6b70ef.jpg
                  
               写真提供 ソレイルさん

at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月09日

065:鳴 (みあ)

人はなぜ鳴けぬのだろうこんなにも蒼い地球を生きているのに

ab8618ed.jpg


at 13:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月08日

064:百合 (みあ)


たなばたの風に揺られて黒百合は星のかたちの花びらひらく



b4ed7129.jpg


at 00:23|PermalinkComments(1)TrackBack(1)