2005年04月

2005年04月30日

題詠マラソン 過去ログ25から

002:色 駿河さく 2005年03月09日 (水) 13時52分
灰色をねずみいろって言うひとがいるから冬はあったかいのだ


061:じゃがいも 那賀神 哲 2005年03月09日 (水) 13時49分
じゃがいもを 丸ごと一つ 蒸しあげて 皮ごと全部 食べる幸せ


060:影 那賀神 哲 2005年03月09日 (水) 13時48分
僕たちの 影が勝手に キスをして 映画のように 仲直りする


004:淡 織田香寿子 2005年03月09日 (水) 13時30分
白蝶と見まがう淡雪降る朝忘れておりぬ地球の異変を


033:魚   さよこ 2005年03月09日 (水) 13時18分
ゆっくりと針を外せば激しくも体をくねらす魚の目あおし


010:線路 すずめ 2005年03月09日 (水) 13時15分
タンポポの門出の白い綿帽子さびた線路に旅立ちを待つ


018:教室(再投稿) 露稀 2005年03月09日 (水) 13時02分
放課後の朱(あか)く染まった教室で音もたてずに恋をしました


004:淡 雛鳥 2005年03月09日 (水) 12時29分
三月の空にかすんで見えなくなる淡いカタチは未練なのかな


001:声 高崎れい子 2005年03月09日 (水) 11時29分
「ピアノのねミからラまでしか息できない」喘息少女は小声で話す


025:泳 足立尚彦 2005年03月09日 (水) 10時46分
同窓会の案内が来た。泳ぐやつ泳がないやつ 「ら」が溺れそう


020 楽 吉田貴美子 2005年03月09日 (水) 10時46分
何もかも話して楽になろうかと荷物を運ぶロバも思うか


003:つぼみ 水野 華也子 2005年03月09日 (水) 10時43分
なにごともなかったようにクロッカスはつぼみの顔でお帰りという


023:うさぎ 足立尚彦 2005年03月09日 (水) 10時39分
気の弱いうさぎが月に吠えるとき夜よやさしく距離を削ぎとれ


022:弓 足立尚彦 2005年03月09日 (水) 10時36分
弓を引くその一瞬が殺意ならその湾曲に殺されるべし


021:うたた寝 足立尚彦 2005年03月09日 (水) 10時33分
うたた寝とほろ酔いと泥酔と。そのどこらで生きてきたのだろうか


020:楽 足立尚彦 2005年03月09日 (水) 10時28分
まだかたいトマトのみどり眠らせて地球は楽か トマトは楽か


018:教室 足立尚彦 2005年03月09日 (水) 10時22分
教室の真昼 みんなに影はあり影に重さがあったみたいだ


005:サラダ 日菜清司 2005年03月09日 (水) 08時51分
あ、て云ったらえ、と云ってサラダには赤と緑の帽子の子ども


004:淡 游 ききあ 2005年03月09日 (水) 07時31分
君の持つ速さでいいよ 大丈夫。淡い心を僕に教えて


003:つぼみ 游 ききあ 2005年03月09日 (水) 07時30分
やはらかくつぼみをはぐる かさぶたを血の出ぬようにはぐる手つきで


005:サラダ ひぐらしひなつ 2005年03月09日 (水) 01時09分
あたらしい皿にあなたがとりわけるサラダ 砲架は遠く組まれて


012:メガホン PDP 2005年03月09日 (水) 00時31分
メガホンに裸電球のせてみて寂しさだけで灯をつけてみる


026:蜘蛛 謎彦 2005年03月09日 (水) 00時15分
もう二度とあへぬふたりの右の手にはりつく蜘蛛の糸のきれはし


011:都 五十嵐きよみ 2005年03月09日 (水) 00時09分
終電の都営地下鉄おなじ名の知らないミサキが(たぶん)揺られる










at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)題詠マラソン鑑賞 

わたげ

d1e6bd1b.jpg


at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

題詠マラソン 過去ログ24から

035:禁 ベティ 2005年03月08日 (火) 22時45分
脳漿に鴉群がる線路脇立ち入り禁止の黄色いロープ


020:楽 中村悦子 2005年03月08日 (火) 22時37分
和音にはなれなかった 楽章を出ていくね #くっつけたまま


013:焦 村本希理子 2005年03月08日 (火) 22時35分
banの香に噎せ返りたる更衣室 「ブラジャー留めて!」もう焦れつたい


023:うさぎ 鈴木貴彰 2005年03月08日 (火) 22時20分
山小屋にうさぎの鍋は噴きこぼれ片頬染めるノルアドレナリン


022:弓 鈴木貴彰 2005年03月08日 (火) 22時20分
洋弓を定めるような父の目だ ぼくのどこかに的をさがして


096留守 西中眞二郎 2005年03月08日 (火) 22時08分
妻は留守我れはトイレに坐しおれば肝驚かす電話の響き


012:メガホン ケビン・スタイン 2005年03月08日 (火) 22時04分
逆さまにメガホンを耳に押し当てて真美子の小声を確かめていた


011:都 ケビン・スタイン 2005年03月08日 (火) 22時03分
迷惑をかけないように口パクで叫び 都心の沈黙がエコー


076リズム 西中眞二郎 2005年03月08日 (火) 21時42分
ヘッドホン着けた娘が微妙なる腰の動きでリズム取りおり


003:つぼみ 新田瑛 2005年03月08日 (火) 21時31分
来年の梅がつぼみを見せるころ生まれることに決めましたから


009:眠 野良ゆうき 2005年03月08日 (火) 21時20分
なつかしい眠りのなかに数々の出会いの舟が浮かんで消えた


002:色 飛永京 2005年03月08日 (火) 21時19分
色づいた木瓜(ぼけ)の曙ほほろほろ 桃ニモマケズ梅ニモマケズ


011:都 ピッピ 2005年03月08日 (火) 21時06分
はいいろの少女は少女の十本の指ですくえる都会で生きる


008:鞄 仁村瑞紀 2005年03月08日 (火) 20時45分
鞄には替えのハンカチあるがゆえまだ泣いてよいとろけてもなお


017:陸 ゆか 2005年03月08日 (火) 19時46分
陸魚はねキュウと鳴くんだ。永かった土の中から掘り起こされて


002:色 海神いさな。 2005年03月08日 (火) 19時46分
「妻」と「母」オンナの狭間で揺れており色つきリップは絶対ピンク


005:サラダ 田丸まひる 2005年03月08日 (火) 19時41分
わたしよりきれいな指を持つひとがちぎるサラダ菜(寒いね)(そうね)


009:眠 きじとら猫 2005年03月08日 (火) 19時33分
猫なればいずれの季節も同じこと春眠夏眠秋眠冬眠


001:声 内田誠 2005年03月08日 (火) 18時25分
どこまでの隔たりなのか歌声の後ろ姿がまた消えてゆく


018:教室 島菜穂子 2005年03月08日 (火) 17時32分
教室の天井裏に潜みてはものの名前を消す遊びして


030:橋 吉野楓子 2005年03月08日 (火) 17時32分
ほたる橋ふたりで渡るやくそくを秘めて夕餉の菜をきざむ母


022:弓 吉野楓子 2005年03月08日 (火) 17時13分
しなやかなスイングひかる藍ちゃんの弓形フィニッシュおへそがキュート


007:発見 あみー 2005年03月08日 (火) 16時53分
しあわせじゃなくてもこんないい顔で笑えるなんてすごい発見


035:禁 黒田康之 2005年03月08日 (火) 16時28分
禁じよう酒もバイクもセックスも お前が好きだと百ぺん言おう


031:盗 黒田康之 2005年03月08日 (火) 16時07分
とりあえず盗んだミカンを投げ上げて雲の切れ間を見つけた午後だ


022:弓 ハナ 2005年03月08日 (火) 15時30分
なぁ妻よ食べないバナナが弓になり俺を狙っているよ許せよ


020:楽 ハナ 2005年03月08日 (火) 15時28分
恋人は楽チン座椅子昼間からリクライニング すごい角度だ。


005:サラダ 冨樫由美子 2005年03月08日 (火) 15時20分
さらば皿、さらばサラダの野菜たち わたしは種を撒きにゆきます


023:うさぎ 謎彦 2005年03月08日 (火) 15時18分
沖ノ鳥島のうさぎは満ち潮のたびおとなしく水に没する




at 08:42|PermalinkComments(7)TrackBack(0)題詠マラソン鑑賞 

題詠マラソン 過去ログ23から

018:教室 武田ますみ 2005年03月08日 (火) 14時50分
きらきらと夕日にほこりが照らされて『飛ぶ教室』は本箱の隅


001:声(再投稿) 謎彦 2005年03月08日 (火) 14時19分
銃声が五百余名をちりぢりに奔らす西の半球もあり


050:変 那賀神 哲 2005年03月08日 (火) 12時25分
変わらずに 愛していると 言い切って 会いに行けたら そんな僕なら


037:汗 那賀神 哲 2005年03月08日 (火) 12時13分
Tシャツの 背中を透かす 君の汗 かなり危ない オイラの理性


033:魚 那賀神 哲 2005年03月08日 (火) 12時10分
どうせなら 魚眼レンズで 恋をして 生活なんて 気にもしないで


040:おとうと 参田三太 2005年03月08日 (火) 10時44分
(三木露風作詞山田耕作作曲「赤とんぼ」2番「十五で姐やは 嫁にゆき お里のたよりも 絶えはてた」承歌)
おとうとはおさなきままのおとうとで離れてともに齢(よはひ)かさねぬ


014:主義 那賀神 哲 2005年03月08日 (火) 09時39分
この恋は 独身主義の 敵だけど 一緒にいたい 一緒にいたい


007:発見 那賀神 哲 2005年03月08日 (火) 09時18分
発見が 遅れていたら 死んだかも 恋の始めの 心臓発作


001:声 那賀神 哲 2005年03月08日 (火) 09時07分
詠めなくて あなたの声を 聞きたいと 聞けば必ず 詠める気がして


018:教室 樹里 2005年03月08日 (火) 08時56分
 担任曰く・・
今の子は三つの顔は持ってます。教室おうちそして友達


027:液体 舟橋剛二 2005年03月08日 (火) 07時30分
事故現場ぶちまけられた液体は黒くて臭くて自分みたいだ


023:うさぎ 舟橋剛二 2005年03月08日 (火) 07時28分
うさぎにはうさぎの夢があるのだろう檻の中からのぞく青空


021:うたた寝 舟橋剛二 2005年03月08日 (火) 07時27分
うたた寝をしていたけれど目覚めても心は空に吸われつづけて









at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)題詠マラソン鑑賞 

2005年04月29日

題詠マラソン 過去ログ22から

072:インク 田貫 砧 2005年03月08日 (火) 04時47分
日々 文字を書いておれどもインクにはとんと縁無き電脳世代


013:焦 ぞうきん猫 2005年03月08日 (火) 02時06分
黄昏の駅構内を黒猫がくわえて走る焦げたサンマを


013:焦 謎彦 2005年03月08日 (火) 01時47分
焦糖(カラメル)を厚さ二倍に敷きつめたプリンをいつかプッチンしたい


003:つぼみ KADESH 2005年03月08日 (火) 01時31分
白梅と背後の南アルプスが互いに白さを競い合ってる


004:淡 ひぐらしひなつ 2005年03月08日 (火) 01時29分
淡水魚逃げる迅さを話しつつ溺れる、春の、水のひかりに


006:時 植松大雄/SERENO 2005年03月08日 (火) 00時00分
真夜中のラジオの青い液晶は真珠のように時報をこぼした


010:線路 丹羽まゆみ 2005年03月07日 (月) 23時42分
うららかな線路の土手に築かれしたんぽぽぽぽぽ黄色帝国


026:蜘蛛 ベティ 2005年03月07日 (月) 23時40分
仰向けに脚をすぼめた骸(むくろ)晒し蟻に牽かれてゆく女郎蜘蛛


008:鞄 丹羽まゆみ 2005年03月07日 (月) 23時37分
鞄から青鉛筆がとびだせば蘇るあの夏の日のif


001:声 海神いさな。 2005年03月07日 (月) 23時31分
時間だけ過ぎてあたしは動けずに春一番がなみだ声です


010:線路 ぞうきん猫 2005年03月07日 (月) 23時19分
ひんやりと線路につけた右耳にかすかなひびき遠い思い出


004:淡(再投稿) emi 2005年03月07日 (月) 23時15分
チェロリストの人さし指が震わせる空気そこだけ淡くしている


083:キャベツ 船坂圭之介 2005年03月07日 (月) 22時58分
すでにして父と呼ぶ座にわが居らぬゆえかキャベツに娘の匂い


024:チョコレート スナフキン 2005年03月07日 (月) 22時39分
チョコレート革命すらもできぬ我 ちょこっと短歌で自己主張する


045:パズル 春日山 2005年03月07日 (月) 22時39分
イラクでは平和のパズル探しをり誰(た)が隠したるその一片を


046泥 西中眞二郎 2005年03月07日 (月) 22時19分
汗拭けば泥の付きたる顔ばかり田の草取りの夏暑かりき


018:教室 岩波ラスミチ 2005年03月07日 (月) 22時08分
眠気増す西日の差した教室に何か忘れた。思い出せない。


004:淡 田丸まひる 2005年03月07日 (月) 21時48分
やわらかな炎に水をこぼすときあなたの淡い悲鳴 ちがうの


010:線路 ケビン・スタイン 2005年03月07日 (月) 21時05分
未来行き列車の線路作る僕 脱線せぬよう見張るのは君






at 22:40|PermalinkComments(5)TrackBack(0)題詠マラソン鑑賞